忍者ブログ
狩野志歩の最新情報など
Posted by - 2020.04.01,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by S.KANO - 2016.11.27,Sun
彫刻プロジェクトin鎌倉2016 クリスマス・スペシャル
狩野志歩 映像インスタレーション「鎌倉別館にて」


「彫刻プロジェクトin鎌倉2016」は、鎌倉別館の野外彫刻と建物をフィーチャーしたクリスマスの特別企画。 
 柳原義達《犬の唄》をはじめ、1984年の開館以来32年の歴史のなかで発展してきた庭園の彫刻、大髙正人の設計による建築意匠、そして展覧会の記憶と共鳴するパウル・ツェランの詩をモティーフに、映像作家の狩野志歩に委嘱した新作のヴィデオ・インスタレーション上映を、渡邊ゆりひとのソロ ヴォーカル インプロヴィゼーションとともに行います。 

日時:2016年12月24日(土曜)、25日(日曜) 各日午後5時~5時45分 
会場:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館 

*参加は無料ですが、入場には「松本竣介 創造の原点」展の観覧券が必要です。午後4時30分までに観覧券の購入と入場をお済ませ下さい(同日内の再入場は5時まで可能です)。 
*両日に限り、1階にて午後5時まで狩野志歩の今夏制作した新作を含む過去の映像作品をモニターで上映予定です。 

狩野 志歩 Shiho KANO(video) 
写真、フィルム、ヴィデオなど様々なメディアを用いた映像作品やインスタレーション作品を制作。ロッテルダム国際映画祭などで招待上映多数。東京都写真美術館の「映像をめぐる7夜」(2008)では渡邊ゆりひと、有馬純寿のサウンドとコラボレーションしたライブ・インスタレーションを発表。武蔵野美術大学「パリ賞」受賞、および文化庁新進芸術家海外留学制度にてパリ国際芸術都市に滞在(2005-06)。パブリックコレクションに東京都写真美術館、国立国際美術館など。 
website: http://www.shihokano.info/ 

渡邊 ゆりひと Yurihito WATANABE(voice, word, sound) 
グロッソラリアによるヴォーカル・インプロヴィゼーションを軸に、そのレゾンナンスから「詩、サウンド・プロセッシング、音楽」を折り重ねたサウンドワークを制作。ソロパフォーマンスの他、インプロヴィゼーション・ユニットEnsemble INAUDIBLEではディレクションとパフォーマンスを行う。企画展Radical Fashion(London, V&A Museum, 2001)をはじめとするDavid Toop、狩野志歩、菅野まり子とのコラボレーション多数。ソロアルバムに「Mille Comédies ─ Le Double Inaudible」。 
blog: millecomedies.blogspot.jp 
PR
Posted by S.KANO - 2016.10.23,Sun
「ヒカルオンナ-The Luminous-」

フィルム作品を中心に女性作家たちの実験映画を上映する「ヒカルオンナ」。今年は日本の作家、北米の作家を紹介する2部構成での開催!(各回入れ替え制)
昨年開催され好評を博した、女性実験映画作家にスポットを当てた上映会「ヒカルオンナ」が今年も開催! 日本の新人作家や女性作家の新作を紹介するプログラム【-kotohana- 異花】と、NY在住の映像作家・西川智也氏キュレーションによるアメリカ/カナダ在住の女性作家のフィルム作品を紹介するプログラム【Colors in Life, Shadows of Style】の2部構成です。

会場:UPLINK FACTORY(1F)</br>
料金:¥1,500(1ドリンク付き)</br>
※A・B両方のプログラムをご鑑賞される方は、「全プログラム鑑賞割引¥1,000」をご購入ください。
11月23日(水祝)17:45開場 / 18:00上映開始(19:40終了予定)
参加作家7名のトークあり

上映作品
『ひかりつむぎ』(2012年/3分/日本)*8mm上映 黄木可也子
『このところの』(2016年/3分20秒/日本)*8mm上映 早見紗也佳
『鍵』(2005年/7分/日本)*8mm上映 園田枝里子
『余燼』(2016年/2分/日本)*16mm上映 徳永彩加
『Lily in the Glass』(2003年/6分/日本)*16mm上映 狩野志歩
『花』(2004年/5分30秒/日本)*16mm上映 松山由維子
『スキゾフレニア』(2016年/10分/日本)*プロジェクター上映 村岡由梨
『歯のないウサギ』(2004年/7分30秒/日本)*プロジェクター上映 しらくまいくこ
『蝶とドラゴンの話』(2016年/6分20秒/日本)*プロジェクター上映 黒川通子
『虚空の為のリリシズム』(2010年/7分43秒/日本)*プロジェクター上映 鈴木香里


Bプログラム【Colors in Life, Shadows of Style】
11月23日(水祝) Bプログラム【Colors in Life, Shadows of Style】19:50開場 / 20:00上映開始(21:40終了予定) 西川智也氏の作品解説・日本女性作家との対談あり
*詳細はリンク先参照
Posted by S.KANO - 2016.08.02,Tue
Altérité : Sensibilia V - 風がときつぐこと -exhibition : performance

新作映像作品を上映します。

2016年8月27日(土) 会場 18:30 開演 19:00


– 狩野志歩 – projection

-アンサンブル イノウディブル – Ensemble INAUDIBLE- improvisation

– 加藤雅也 – keyboard, etc.

– 山崎慎一郎 – guitar, etc,

– 渡邊ゆりひと – chant, direction,


¥2,000 + 1drink(要予約)

ご予約は Tel : 0422-27-6680 Mail : info@cafe-parada.comにて
*お席に限りがございます。
満席となり次第受付を終了させていただきます。


EventAltérité : Sensibilia V - exhibition : performance

performance - projection
Sat. 27. Aug,. 2016 open 18:30 start 19:00

- Shiho KANO - projection
Ensemble INAUDIBLE - improvisation
- Masaya KATO - keyboard, etc.
- Shinichiro YAMAZAKI - guitar, etc,
- Yurihito WATANABE - chant, direction,
¥2,000 + 1drink (prior booking essential)
Tel : 0422-27-6680 Mail : info@cafe-parada.com
Posted by S.KANO - 2014.05.23,Fri
To the Sleepy Rhythm of a Hundred Hours (Mostra de Cinema Periférico/A Coruña, Spain) 
June 7. 2014 18:00-


To the Sleepy Rhythm of a Hundred Hours(Mostra de Cinema Periférico/スペイン、ア・コルーニャ)
 2014年6月7日 18:00〜


In southern Ontario, Canada, it is Windsor, the city from which you can see Detroit skyscrapers -across the river- as if they were part of the skyline itself, a real trick that confused even the Queen of England on a visit to the Commonwealth colonies. In this place of extreme weather, endless straight roads and post-industrial air, there takes place one of the most exciting, special and relevant events concerning experimental cinema: the Media City Film Festival. Media City, created in 1994, will be 20 years in 2014, and thanks to a brilliant and daring programme with a life of its own it has become one of the most appreciated art festivals in the world. Oona Mosna and Jeremy Rigsby, the current directors and programmers, have selected an exquisite bouquet that represents the spirit of the Media City. And, by extension, it brings together some of the most fascinating and unique films on earth.

With the colaboration of Media City Film Festival.
Aknowledgements: Oona Mosna and Jeremy Rigsby.

Lunar Almanac
Malena Szlam, Canada, 2013, 16mm, 4 min.
Moons in a journey through magnetic spheres, influencing subtle energies on Earth.

Passage upon the Plume
Fern Silva, USA, 2012, 16mm, 6 min.
“Plumes dust the arid land, east to west, shapeshifting as they lift in ascension. Something lowers. An ark ran aground where revolution took root, ropes raise stones in baskets. Hearts heavier and lighter than the feather permitted passage. Tethered or freed, resting from life or dawning anew.” (Charity Coleman)

Florence
Peter Hutton, USA, 1975, 16mm, 8 min.
“[Peter Hutton’s] seemingly simple films offer lessons in the art of seeing and fashioning images that make you wonder how anyone could produce something simultaneously so humble and so astounding.” (Tom Gunning)

Menschen am Sonntag
Friedl von Gröller (Kubelka), Austria, 2006-2011, 16mm, 3 min.
“A group of people in a room eating pizza, perhaps having a party. The room is small, denying a sweeping view. Pizza is cut and distributed to the guests and the camera cuts the room and everything in it, all that moves in it, into handy little pieces.” (Sylvia Szely)

Constellations: Schwarzweiss 
Helga Fanderl, Germany/France, Super 8 to 16mm, 15 min.
A selection of Helga Fanderl Super 8mm films, chosen and arranged by the artist for this screening.

Quartet
Nicky Hamlyn, England, 2007, 16mm, 8 min.
A sequence of twenty three shots of a room occurs four times, twice in colour, twice in black and white. The two colour sequences follow a strict plan and each shot contains a portion of the point of view of its adjacent partners. The second, black and white, pair are freer although they follow the spatial pattern established in the first sequences. The only movement in the film is incidental – clouds seen through a window.

Rocking Chair
Shiho Kano, Japan, 2000, 16mm, 12 min.
The human eye adjusts to the brightness of the light involuntarily, but the camera eye can control brightness freely. The camera eye sees the darkness in the light of day, and can turn dusk into morning sunshine. As the white room gets darker and lighter, the sublimation of form is made visible.

Three Studies in Geography
Neil Henderson, England, 2011, 16mm on digital, 23 min.
Three distinct locations are brought together, encompassing three previously separate films made over ten years. Each location presents a particular balance of land, sky and water: the irrigation canals of South Lincolnshire, a naturally forming jetty on the north coast of Kent, and a circular man-made island off the east coast of England.

カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]